メラノCCジェルはニキビ&ボディケアにも使える!効果&使い方紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
【ニキビだけじゃない!】メラノCCジェルはボディケアにも使える。効果&使い方をご紹介!

「メラノCCにジェルタイプがあると聞いた!実際にあった!だけど、ジェルってどのタイミングに使うの?」「ジェルってすぐ乾いてしまうから乳液やクリームの方がいいのでは?」と思ったそこのあなた!

ほとんどの化粧品メーカーは乳液やクリームが多い中、メラノCCはジェルタイプもあるのは、少し珍しいですよね?

もちろん、私もそのひとりで、なぜジェルタイプがあるのか、どんな使い心地なのか気になり実際に購入して、記事にてご紹介したいと思います。

このページでは、日本化粧品検定協会認定のコスメコンシェルジュの私が

  • メラノCCジェルとは
  • ニキビケアに期待できる理由
  • スキンケアだけではない使い方

以上について解説いたします。実際に私が使った感想も書いてありますため、口コミのひとつとしてご参考になれば幸いです。ぜひ、最後までお読みください。

この記事を書いた人
女性メインアイコン
Rino
出産後、愛用デパコスが合わないため、
自分に合ったコスメ探しを始める。
実際に使用して、子育てママの目線を
大切にしたコスメを紹介しています。
詳しくはプロフィールをご確認ください。

【資格】

  • 日本化粧品検定_特級コスメコンシェルジュ
  • 日本化粧品検定1級&2級…合格
  • 日本化粧品検定協会コスメライター養成講座ベーシックコース…合格
  • 化粧品成分上級スペシャリスト
  • 化粧品成分スペシャリスト

【活動】

  • オルフェス公式アンバサダー(2年目)
  • 美容メディアにて記事執筆
目次

【メラノCCジェル】とは

スキンケアステップ
スキンケア 手順

上記画像のように、基本的なスキンケアは『クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリーム』という手順です。

「メラノCCジェル」は乳液やクリームの手順あたりで使用しましょう。化粧水の後に使用するスキンケアアイテムがない場合は、その後にメラノCCジェルを使って大丈夫です。

その他にも、同じ役割としては「メラノCCクリーム」や「メラノCC乳液」も発売されています。
メラノCC乳液につきましては以下となります。

成分を解説

有効成分として、期待できる効果は以下の通りです。

  • ビタミンC誘導体→メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ
  • ビタミンE誘導体→血行促進
  • グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症成分)→ニキビ、肌荒れ予防

さらに、うれしい成分も配合されています。

  • アルピニアホワイト(うるおい成分)→ニキビ跡や、毛穴にうるおいを与えて肌を整える

ビタミンCによって期待される多くの効果は、こちらの記事でご紹介しています。
よく聞く「有効成分」についても解説しています。

パッケージ&中身&使用感

実際のメラノCCジェルについて、私の使用感について写真と一緒にお伝えいたします。

メラノCCジェル
メラノCCジェル
メラノCCジェル中身
メラノCCジェル 中身

容器はしっかり閉められるタイプです。
ジェルタイプのため乾燥を防ぐためにも、しっかり閉める必要があります。

メラノCCジェル見本
メラノCC ジェル

小皿とジェルが同じ白色のため、見にくいかと思いますが、ジェルは半透明の白色です。(画像クリックすると拡大されます)

多めにすくったジェルを小皿に置いてみましたが、小皿を斜めに傾けてもこぼれることはなく、どろったしたテクスチャーでやや粘着性があることがわかります。

スキンケアで整えたあとに塗ることで、肌の水分やスキンケアの蒸発をジェルでもしっかり防いでくれそうです。

メラノCCジェル特 徴
テクスチャーどろっとした感触
におい柑橘系
色味半透明の白色
メラノCCジェルの特長

容器を開けた瞬間に柑橘系の良い香りが広がり、香りでリラックスできました。

予想以上にどろっとした感触のため、容器から取り出す際にこぼれる心配はありません。

すっーと軽やかに伸びやすいジェルです。
つけた直後はべたつきを感じますが、時間が経つと気にならなくなりました。(気になる方は少量から!)

【メラノCCジェル】ニキビケア効果に期待できる!

他のメラノCCのスキンケアアイテムにも、ニキビケアに効果に期待できる成分は同じように配合されています。

なぜ「メラノCCジェル」がニキビケアに最適だと言いますと、ズバリ「ジェル」だからこそです。

ニキビができるメカニズムとしては、皮脂が過剰に作り出されることで、毛穴に皮脂が詰まってしまう毛穴の周辺の皮膚(角層)が分厚くなり毛穴をふさいでしまうことが要因です。

特にニキビができている状態での、油性成分が多めに配合されているクリームタイプだと上記のサイクルの繰り返しになる恐れがあります。

一方ジェルタイプは、水分が多くに配合されているため肌の皮脂をなるべく少なくするためには、最適なスキンケアアイテムです。

こんなひとにおすすめ!(ぜひ使ってほしいです)

ズバリ!脂性肌の方や、ニキビに悩む中学生高校生の方、もちろん大学生の方にもぜひ使ってほしいです!

上記のような方は、ニキビができやすいサイクルだと思われるため、まずは油性成分が少ないメラノCCジェルをお試し感覚でみるのはいかがでしょうか?

【メラノCCジェル】意外な使い方!?ボディケアにも使える

驚くことに、メラノCCジェルはボディケアに使えると、ロート製薬のオンラインストアにて記載されています。

また、紫外線を浴びてしまったボディへの使用もオススメです。

ロート製薬公式オンラインストア

目から鱗の情報ではないでしょうか!?
確かにジェルのため、ボディケアにも使いやすいです。
特に夏は紫外線を多く浴びてしまっているため、ビタミンC誘導体が配合されたアイテムは積極的に取り入れたいところです。

グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症成分)も配合のため、日焼けした後の肌のほてりや赤みをやわらげる効果も期待できそうです。

柑橘系が香る心地よいジェル!顔だけではなく、ボディケアとしても使ってみては?

最後に&子育てママの視点

ドラックストアで簡単に入手でき、価格も1,000円ちょっとで購入できるのがうれしいポイントですね。
ニキビや肌荒れに期待できる有効成分も配合されており、忙しい子育てママにもありがたいです。

私は脂性肌のため、メラノCCジェルはとても最適なスキンケアです。

ニキビが気になる方にも喜ばれるアイテムのため、幅広い世代に長く愛用されると思います。
(子どもがニキビに悩むお年頃になりましたら、迷わずメラノCCジェルをおすすめします)

個人的にはボディケアにも使えるということで、紫外線を多く浴びてしまった日には、子どもに使うのもありかと思いました。
(子どもは肌が弱いため、もし使うのでればパッチテストをすると安心です)

デメリットとしては、蓋を開けるには両手を使わないといけないため、開けるのが手間だと感じました。

ただ、ジェルタイプは乾燥を防ぐために回すタイプの容器がベストではあるため、致し方ない部分だと思います。
(子どもには、容器が大きくて開けにくいため、開けられることが少ないのは良いです)

この記事があなたの、お悩み解決や参考になっていれば幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
目次